集合場所はJR学研都市線の藤阪駅。
大阪環状線の京橋駅から快速で31分という近さ。
TOHOSOTOでは、都心部からのアクセスしやすい、身近な自然に注目しています!

当日は梅雨どきなので天候が心配でしたが、
歩けば歩くほどに晴れ間が広がる絶好のTOHOSOTO日和でした。

まずは、府営山田池公園を目指して、
穂谷川のそばにある、送電線の下に沿って続く緑道を歩きました。
距離的には少し遠回りになるのですが、
急いで到着することを目的とせず、
いかに心地よく、地域の成り立ちを感じながら歩くかがTOHOSOTO流。
梅雨どきの川の流れや木々の成長を感じつつ、
15分ほどで山田池公園に到着です。

山田池公園は、
地形の変化に富んだ丘陵地や灌漑用の池を活かした、
季節の移ろい豊かな67.4ヘクタールの広大な公園です。
芝生の丘からは、北へ向かって徐々に低くなる生駒山地やまちの様子など、
大きな風景が広がります。

①CIMG4947.jpg

生駒山地は裾野で木津川と出会い、木津川は淀川へとそそぐ

 

 

続いて公園名にもなっている山田池のほとりに移動し、早速休憩タイム。

②CIMG4970.jpg

大木に囲まれた大きな池の風景にホッと一息つくことができます

 

 

今回はここで、持参しました特製ジンジャーエールを飲みました。

③CIMG4972.jpg

TOHOSOTO特製ジンジャーエール!

 

 

少し早めの休憩ですが、
ジンジャーエールにもちゃんと訳があります。
実はたくさん歩く前に、
ジンジャーのもつ血行や発汗を促進する効果を狙っているのです!
今回のテーマである”水と食をめぐる。”は、
カラダまで含めた水や食事の循環を意味してみました。

休憩後は公園を後にして、
山田池にそそいでいる北谷川沿いに西へ向かいました。
すっかり新興住宅地に囲まれたエリアですが、
川沿いに北谷川緑地があるので、意外と緑に囲まれながら歩けます。
JR長尾駅あたりへ到着すると、
JRの線路をくぐって今度は谷違いの舟橋川へ移動し、
舟橋川沿いを西へ向かいます。

④CIMG4974.jpg

随分天候もよくなってきました!

 

さらに第二京阪高速道路をくぐって西進すると、住宅地も少なくなり、
人と自然の豊かな関係がそこかしこに感じられる里山の風景が広がってきます。

⑤CIMG4977.jpg

田んぼや畑・果樹園など、里山が広がってきます

 

 

すると、まもなく「農園 杉・五兵衛」の看板が見えてきます。

⑥.jpg

(左)「農園 杉・五兵衛」の看板
(右)本館の玄関。建物も素敵!

 

「農園 杉・五兵衛」は、
農場を単に生産の場としてだけでなく、
訪れた人が農園を見て回ったり、
旬のものを収穫することもできるようにされています。
そして、余った野菜クズなどは肥料としてその農場に還元され、
食事をするだけでなく、
人が心地よい場所に集うことも含めた有機循環農法というしくみを実践されています。
今回のテーマである”水と食をめぐる。”に大変ふさわしい食事処なのです。
お野菜中心の食事は、物足りなさどころか、
どれも素材の味が際立った大変美味しい食事でした。

⑧IMG_0298.jpg

今回は”農園のお弁当”という定食を頂きました

 

そして食後に園内をぶらりと散策したのですが、
一角でロバなどの動物たちを飼育しています。
彼らが野菜クズなどを食べ、
そのふんを堆肥として利用して野菜を育てるという循環のしくみを体感することができます。

⑨CIMG4994.jpg

とても元気なロバたち。えさをやることもできます

 

 

杉・五兵衛を後にして、
穂谷川の上流から東側のJR藤阪駅へ向かって進みます。
右岸の堤に遊歩道があるのですが、
この遊歩道が木立のなかを抜けており、
お腹いっぱいの食後に大変気持ちよかったです。
⑩CIMG4999

 

20分程度歩くと、集合場所だったJR藤阪駅に帰ってきます。
今回のコースは、約1万6000歩で総距離10kmでした。
山田池公園や様々な川沿いで水の流れを感じつつ、
循環を体感できる美味しい食事も堪能できた有意義なイベントでした。

 

参加頂いた皆様、お疲れ様でした!
⑪CIMG4986

 

今後もTOHOSOTOでは、
トホ(徒歩)するからこそ発見できるおそとの魅力を感じ、ホッと一息おそとでリラックス。
ホホーッとうなづく歴史や土地の営みに納得しつつ、
ホッホッホッと微笑む味覚も堪能。
トホと公共交通で楽しく移動!を意識したイベントを随時企画していきますので、
是非ともご参加下さいませ。

 

TOHOSOTOナビゲーター  Rojiroom店主 松下岳生