town

西宮市の北部にある船坂という地域で、西宮船坂ビエンナーレいう芸術祭が行われました。
この船坂という場所は、まさに西宮の里山。
山あり、谷あり、竹林あり、棚田ありと、
日本の原風景がそのまま残っているような場所です。
P1050934.jpg
宝塚駅からバスで到着し、住宅街や竹林を抜けていくと、旧船坂小学校に着きました。
到着するやいなや、「生きろ」という文字が、目に入ってきました。
“IKIRO-Be alive” と言う作品です。
ビニールの旗に、色とりどりに「生きろ」と書かれています。
青空の下、たくさんの「生きろ」と言うメッセージ。
生きると言うこと自体に、強いエールを送られているような気持ちになりました。
真ん中あたりに、UFOも飛んでたりしていて、遊び心も忘れてません。
P1050923.jpg
ランチルームという、昔は給食をみんなで食べていた建物があって、
土日限定のランチを頂きました。
船坂産の野菜のてんぷらが付いた蕎麦です。
蕎麦も地元の方がうってくれたもの。
歯ごたえがしっかりある蕎麦のおいしさとランチを提供されている地元のみなさんの姿に、
ホッコリしました。
IMG_9071[1].jpg
校舎の周りは、すっかり秋。
校舎の中にも作品がたくさんありますが、
校舎のまわりの風景が、もうすでに自然が織りなす芸術作品です。
P1050826.jpg
“竹林”
校舎の中に竹林。
船坂の竹林から切り出した竹が教室の中に運び入れられ、
天井から吊り下げられてています。
教室の風景と竹林。
そこから眺める船坂の里山。
「休憩所のイメージで」と解説に書かれていましたが、
この土地から感じるのどかな時間を更にふくらませるような作品でした。
P1050853.jpg
“船坂の風”
ガイドさんにお願いして、里山の中にある作品を見に連れて行ってもらいました。
これは、切られた一本の木を再生したものだそうです。
一見不自然な感じの木でも、存在感があるのは元々船坂の木だからでしょうか。
P1050943.jpg
“空見ル段々休憩所”
この椅子たちは、実際に色んなお宅で使われているものを借りてきたものだそうです。
この場所に座って、棚田や山並みを眺めるという作品です。
P1050950.jpg
実際に、ここに座って眺めた風景。
どこまでも続く青い空。
燃えるような紅葉。
すすきが風になびいて、まさに日本の里山の姿です。
P1050951.jpg
アートを楽しむだけではなく、アートを包み込む風景の繊細さ。
そして、気さくに話しかけてくれる地元の方々の親切さに自分が優しくなれる、そんな一日でした。
風景×アート×ここに住む人が織りなす時間自体がアートなのだと感じ
させられた、
西宮船坂ビエンナーレ。
来年も楽しみにしています。
ハラダケイコ

10月13~21日に行われたイベント水都大阪フェス2012(※1)。
気軽に参加できるワークショップがたくさんありました。どれも魅力的な物でしたが、そのうちの1つがバルーンキャンドル作りです。

作り方を紹介しますと、まず使う物としては、この水風船です。156512_378911515521340_846505915_n.jpg
 

水風船を溶かしたろうに浸けます。5秒浸けては出す、というのを繰り返します。
この作業を30回ほどしていくうちに、風船の周りがろうで覆われていきます。
最後に水で冷やしてろうを固め、中の水風船を割ると、バルーンキャンドルのできあがりです。535843_378911552188003_1523752897_n.jpg
 

ろうは何種類もの色のバリエーションがあって、上手に組み合わせると、綺麗な色合いのものを作ることができます。
私は、上が黄色で下が緑色のキャンドルを作らせてもらいました。上手にすれば、グラデーションもつくる事ができるそうです。

作ったあとは、芝生公園に設置されたゲルに飾りました。ゲルとはモンゴル語で家という意味で、今回はモンゴル人が使う移動式の家を模した、木組みの台にろうそくを並べました。
夜になると火がともされて、ロマンチックな光景でした。CIMG6347.jpg
 156507_235102729951698_1563468609_n.jpg 
 

60630_235102793285025_353665785_n.jpg

お昼間にワークショップに参加する人もいれば、夜にキャンドルを見ながら、芝生でのんびりおしゃべりをする人もいました。
1つのワークショップにも様々な関わり方があります。
私自身も水都大阪のつなぐサポーター(※2)として、このワークショップの事前準備の取材もさせてもらっていました。サポーターによる取材記事は、水都サポーターのブログで紹介しています。同じ事に、様々な人がいろんな形で関われるのは素敵ですね。
(※1)水都大阪フェス20122012/10/13~21まで、大阪市の中之島公園を中心に開催された、地域や活動団体が主役のお祭り。
(※2)つなぐサポーター水都大阪フェスの様子や様々なプログラムを取材し、ブログなどで発信するボランティアスタッフです。
水都大阪フェス2012 つなぐサポーター 三木優子

水都大阪フェス2012(※1)のとある平日のお昼間に、

「ミツバチインフォメーションwith生搾りみかんジュース」というプログラムがありました。

生搾りみかんジュースを出された料理研究家の堀田裕介さんとコラボした、

つなぐサポーター(※2)おくいのぞみのレポートです。

ミツバチインフォメーションとは、

荷台部分に大きな荷物を入れることができ、

なおかつそのフタがテーブルに早変わりする

特殊自転車にて案内を行う移動式のインフォメーションです。

気の向くままに自転車をとめて声をかけたり、

うろうろ会場内をまわってみたり、

まるで花の間を飛び回るミツバチのように、というのがその名の由来。

私たちつなぐサポーターは、

このミツバチ自転車で移動式のインフォメーションのプログラムを提供し、

日によって珈琲やおむすびを提供する方などとコラボしていました。

今回は堀田さんの生搾りみかんジュースとコラボしたので、

会場内をうろうろと案内を行いながら、

ココは!という場所でテーブルを広げて開店し、

落ち着くとまた新たな場所を探してうろうろするといったスタイルで行いました。

R0016958.jpg

その時の気分で、

お店を広げる場所を選べる、変えられるということもとても新鮮で面白かったのですが、

何より同じ会場内であっても、

その場所ごとにお客さんとの関係性や買われ方が変化したことがとても興味深かったです。

 

例えば中央公会堂前広場は、

一旦人目に触れる場所に出るとたくさんの方が物珍しげに集まり列をなしますが、

隅の方にいた場合は全く気づかれない。

反して芝生広場では、

人が密集していない場所に出していても

近くのママさんや通りがかりの人がポツポツ買いに来てくれる。

R0016968.jpg

 

どちらがいいかって?

私たちのスタイルに合ったのは、芝生広場でした。

搾りみかんジュースはみかん4つを使って1杯を作るので、少し時間がかかります。この時間にお客さんと話すことができるのがミソであり、楽しみなんです。

芝生広場では、買いに来られる方の間隔がゆったりとしていたので、

みかんジュースをきっかけに今日のプログラムの感想や、

案内などをおしゃべりすることができ、

その楽しさを存分に味わうことができました。

R0016969.jpg

おいしいものを提供するだけでなく、

どのようにお客さんの手に渡っていくと一番おいしいのか、

“場”の力、芝生と水辺の心地よさを実感した時間でした。

写真.jpg

(※1)水都大阪フェス2012

2012/10/13~21まで、大阪市の中之島公園を中心に開催された、

地域や活動団体が主役のお祭り。

(※2)つなぐサポーター

水都大阪フェスの様子や様々なプログラムを取材し、

ブログなどで発信するボランティアスタッフです。

水都大阪2012つなぐサポーター  おくいのぞみ

2

3

2011

岸和田だんじり祭など、様々なお祭りが開催される秋ごろ。
うだるような夏の暑さは無くなりかけていますが、
半袖での外出が出来る程の気持ちのよい気候です。
そんな絶好の行楽日和の10月16、17日、
堺駅周辺で堺祭りがおこなわれました。
堺祭1.jpg

堺祭2.jpg

このお祭りはパレード、ステージ、露店等盛りだくさんの内容です。
特に大小路筋1kmを舞台に
総勢約7000名で行われるパレードは圧巻です。

そのパレードでは、
世界の民族衣装の行列や民族舞踊
(韓国の衣装はとても鮮やかで目をひきました)、
地元の幼稚園生や小学生のダンス・行進も見る事ができます。
地元の住民自ら祭りを盛り上げている
とても親しみやすいお祭りになっています。
堺祭3.jpg

この堺祭りには下のようなキャッチフレーズが付いています。
SAKAIはSEKAIへ!Ecology&Affinity〜エコで繋がろう!〜

このキャッチフレーズ、
毎年変わるのですが、
近年は主に「Eco」に注目したお祭りにしよう
という取り組みがあるようです。

という訳で、
環境に優しい取り組みを紹介したりするブースが
立ち並ぶゾーンも設けられています。

私自身、このエコなブースのうちの一つ、
「ペットボトルのキャップを回収してリサイクルしよう!」
の当日のボランティアスタッフをしました。
堺祭4.JPG

地域に配られた堺祭りのチラシに小さく載っていた
“ペットボトルキャップ回収願い”を見て、
家からキャップを持って来て下さる来場者はたくさんいました。

このキャップ回収は、リサイクルされるだけでなく、
ポリオワクチンという予防接種ワクチンに交換され、
発展途上国に寄付されます。
環境に優しいだけでなく、
世界の子供達に間接的にワクチンを届ける事ができる
という活動です。

当日にはキャップが43200個集まり、
ワクチン54人分に交換されたそうです。

今後もこのように環境に配慮したイベントは増えていくと思います。
ただその場に行くだけでも楽しいお祭りですが、
ささいな事で少し環境や人にいい事をした気分になる、
そんなお祭りの参加の仕方も素敵だと思います。

斗内綾美

突然ですが、

皆さん映画を見るとしたらどのような場所で見られますか?

大きな音で臨場感たっぷりの雰囲気を味わいたい方は映画館へ、
自分だけの空間で、映画を人目を気にすることなく楽しみたい方はご自宅にて、
とおっしゃる方がほとんどかと思われます。
そんな皆さんに、
カモシネマ6という “河川敷で映画を見る”イベントをご紹介します。

DSC_0844.jpg

2010年8月21日(土)、
京都・鴨川の河川敷にて
カモシネマ6【夏の鴨川座】というイベントを開催致しました。

上映映画は『色即ぜねれいしょん』(配給:スタイルジャム , 2003)
という京都を舞台にした映画で、
京都の方なら一度は見て欲しい作品だと思っています。

カモシネマというイベント自体は2005年から毎年開催しており、
今年で6回目を迎えることができました。
イベントの運営は立命館大学広告研究会の有志が行っており、
イベントの運営、財務、広報などの一切を学生の手で行っております。

毎年開催するごとに京都の大学生を中心に
知名度が徐々に向上しており、
今年は京都府、京都市、京都新聞社、KBS京都より
後援をいただくことができました。
また数多くの企業様より協賛、情宣の協力、運営における、
様々な面でのサポートもいただいております。

そんなカモシネマですが、
今までは最高で350人程度の動員状況だったのですが、
今年は一気に倍以上の1000人近くの人を動員することができました!本当にありがたいです。

DSC_0753.jpg
DSC_0806.jpg

河川敷の公園に足場を組んだ上で、スクリーンを立てます


DSC_0996.jpg

本物の映写機を使って上映します

(来場者の方にも好評です)

DSC_0727.jpg
R0017673.jpg

当日は出町柳~荒神口間にて鴨川の清掃作業を行いました  

R0017704.jpg

夜になると川岸の音と涼しい風のおかげで、とても心地よかったです。

京都の風情、というものを実感したような気がします。

来年度の予定は未定なのですが、
京都の風物詩として
イベントを地元に根付かせることができたらいいなと思っております。
本当に手軽で、誰でも楽しめるイベントにできるよう努力しておりますので、
来年カモシネマが開催された時は是非ご来場ください!

立命館大学広告研究会 カモシネマ実行委員会
副代表 細川雄亮

ookawa.jpg

「一夜限りの天の川」「天の川降臨」「天の川 ゆらめく」「ブルーライト・オーサカ」。
 全国紙4紙の朝刊一面をカラー写真で紹介された「平成OSAKA天の川伝説」の大見出しです。
 初めてのイベントでこれほど大きな反応があるとは、われわれ主催者もびっくりしました。
 本プロジェクトは開催前から多くの賛同を得ているという実感はあったものの、
 開催後の報道やさまざまな人たちから寄せられる意見や感想に、
「完全に受け入れられた」と、確信しました。

hakkennyahama.jpg

企画自体は約2年前に考えましたが、実際に動き出したのは今年に入ってから。
川を使うから河川管理者の許可が必要、
「陸の上のことはやりきるが、水の上はお手上げ」(事務局長)だから、
関係各所の協力なしに実現できないとは自明でしたが、体制が整ったのは5月。

一気呵成に動き出しました。

記者発表を6月5日に実施し、その日から3箇所の特設受付をオープンさせたものの、
売上げはスズメの涙ほど。
参加者獲得のため、関係者や知人に肩書きをはずした個人で
「100人応援団(別称:カツアゲ隊長)」になってもらい、
職場や近隣で参加者を集めていただきました。

100人応援団による売上げは全体の6割以上に及びました。

我々がめざすのは「市民力でつくる」こと。
「平成OSAKA天の川伝説」は一人ひとりに参加いただいてこそ成立するのです。
今年よりバージョンアップする来年も、オール大阪、オール市民で
つくりあげることが基本です。
みなさまの積極的な参加をお待ちしています(^-^)。

平成OSAKA天の川伝説事務局 道下弘子 (株式会社アニマトゥール弘報企画)

平成OSAKA天の川伝説とは?

inoriboshi.jpg

LEDを光源とする「いのり星」2万個と、参加者の願いごと短冊を載せた笹舟を
大川に放流し、「天の川」を創出。

☆7月7日18:00~21:00
☆参加者(1口1000円) 約4000人
☆来場者 約8000人