10月13~21日に行われたイベント水都大阪フェス2012(※1)。
気軽に参加できるワークショップがたくさんありました。どれも魅力的な物でしたが、そのうちの1つがバルーンキャンドル作りです。

作り方を紹介しますと、まず使う物としては、この水風船です。156512_378911515521340_846505915_n.jpg
 

水風船を溶かしたろうに浸けます。5秒浸けては出す、というのを繰り返します。
この作業を30回ほどしていくうちに、風船の周りがろうで覆われていきます。
最後に水で冷やしてろうを固め、中の水風船を割ると、バルーンキャンドルのできあがりです。535843_378911552188003_1523752897_n.jpg
 

ろうは何種類もの色のバリエーションがあって、上手に組み合わせると、綺麗な色合いのものを作ることができます。
私は、上が黄色で下が緑色のキャンドルを作らせてもらいました。上手にすれば、グラデーションもつくる事ができるそうです。

作ったあとは、芝生公園に設置されたゲルに飾りました。ゲルとはモンゴル語で家という意味で、今回はモンゴル人が使う移動式の家を模した、木組みの台にろうそくを並べました。
夜になると火がともされて、ロマンチックな光景でした。CIMG6347.jpg
 156507_235102729951698_1563468609_n.jpg 
 

60630_235102793285025_353665785_n.jpg

お昼間にワークショップに参加する人もいれば、夜にキャンドルを見ながら、芝生でのんびりおしゃべりをする人もいました。
1つのワークショップにも様々な関わり方があります。
私自身も水都大阪のつなぐサポーター(※2)として、このワークショップの事前準備の取材もさせてもらっていました。サポーターによる取材記事は、水都サポーターのブログで紹介しています。同じ事に、様々な人がいろんな形で関われるのは素敵ですね。
(※1)水都大阪フェス20122012/10/13~21まで、大阪市の中之島公園を中心に開催された、地域や活動団体が主役のお祭り。
(※2)つなぐサポーター水都大阪フェスの様子や様々なプログラムを取材し、ブログなどで発信するボランティアスタッフです。
水都大阪フェス2012 つなぐサポーター 三木優子