目的は、街の屋外空間の良さを知ってもらうこと。
私たちが新しい事業として企画しているケーターリングカー事業では、
単に食べ物や飲み物を販売するだけではなく、
その地域の食材を活かし、その場所の特徴を最大限に体感することができるような、
そんなプログラムを提案していきたいと考えています。
例えば、空き地。
都市の中でポツンと残った、建物が建てられていない場所。
広い場所になるとフェンスで囲われたり、あまりいいイメージを持たれることがない場所です。

使い道が決まっていないから空き地になっているわけですが、
見方を変えてみると、何も建物が建っていないからこそ、何にでも利用できる。
つまり、建物がないからこその使い方を楽しめばいいと、私たちは考えています。
おいしい食事と共に、街の屋外空間を楽しんでもらうこと。
それがこの事業の最大の目的なのです。

今回紹介したいイベントは、
まずは屋外空間で過ごすことの素晴らしさを体感してもらうことからはじめようと、
この事業のプレイベントとして開催しました。
開催は7月の暑い時期。
屋外で過ごしたい!と積極的に言える季節ではないですが、
夕方から夜にかけて、緑や水辺の近くは意外に涼しく、
夕日を眺め、夏の夜長を楽しむのはとても気持ちがいいんです。
NAY_9075.jpg

私たちが見つけたサイコーに気持ちのいい、素晴らしい景観も堪能できる場所は、
大阪城公園の城が見える場所です。
IMG_1286.jpg

仕事が終わってからの夕方から集まっていただき、
夕焼けや徐々にライトアップされる大阪城を眺めながら、
ラグの上でのんびり楽しんでいただきました。
暗くなるとキャンドルに火を灯しました。
食事はピクニック弁当。
IMG_1273.jpg

ランチボックスにローストビーフやカポナータ、アンチョビで和えたポテト、インゲンとレンコンのサラダを詰め、
ハムとチーズのバゲットサンド、アボガドとみそチーズのバゲッドサンドをセットにしたものです。

いわゆるアフターファイブ、
はなきんをこうやっておそとでピクニックをして過ごすのはあまりない経験だと思います。
もっとたくさんの人がそんな時間を楽しんでもいいのでは?

城にかかる月が綺麗に見え、遠くから聞こえる音楽や(西の丸庭園で別のイベントがおこなわれていました)
ゆっくりと流れる時間、そして、よく冷えたビール!
気持ちいい!
「普段近くにいるのに、あまり大阪城公園に来たことなかった。これから来たい」
と言っていただいたり、
初対面の人とも話が弾んでいたりというのを見て、
身近な街の屋外空間の良さに目を向けてもらえるきっかけになることができたと思っています。
NAY_9104.jpg

今の季節は、ナイトピクニックよりも昼間の陽気でピクニックをするのが良さそうです。
その時期、時間によってその場所を最大に楽しめる過ごし方があります。
公園や空き地や広場など、街の屋外空間の自分なりの楽しみ方を、たくさんの人に見つけてもらいたい、
そのために、これからも屋外空間を使った色々な企画をしてみたいと思います。

E-DESIGN 中谷丞