「公園でからだにいいことDAY」を楽しもう!〜太極拳とポスチュアウォーキング編〜

  • 2014年5月9日

karadaniiikoto_0ワールド・フィジカル・アクティビティデイ(※)の時期に合わせて、「公園でからだにいいことDAY」が山田池公園と淀川河川公園にておこなわれました。4種類の運動が楽しめる山田池公園会場に参加して、今日は一日のびのびと体を動かしたいと思います!(文:木下知花栄)

※ ワールド・フィジカル・アクティビティデイとは、「みんなで運動をして健康になろう」をテーマにサンパウロから始まった世界的な活動です。毎年4月の第1週目に、健康に関連するイベントが世界各地でおこなわれています。

 

山田池公園の広々とした芝生広場はとっても気持ちの良い場所。朝10時からスタートのひとつ目のプログラム「太極拳」にもぴったりのシチュエーションです。本日教えてくださるのは、全日本柔拳連盟本部の萩澤成彦(はぎざわ なりひこ)先生。道着姿が似合っていて、とってもかっこいいです!karadaniiikoto_1

 

元々は武道であった太極拳ですが、今は護身術や健康のためにされる方が多く、ゆっくりとした太極拳の動きは血や気の流れを整えて内臓の機能を高め、肩こりやストレスの解消にも役立つのだとか。効能を聞いて、すっかりやる気満々です!

99あるという太極拳の「型」のうち、今日は18の型を教えていただけるとのこと。先生のお手本を見ながら最初は腕の動きから、続いて足の動きも同時に加えていきます。手のひらや腕を返したり、大きく足をあげたり…。「ゆっくり動くのは力を抜くため」という先生の言葉を聞きながら、とにかく余計な力は入れず流れに任せる感覚でいると、最後にはとてもリラックスした状態で太極拳の動きを楽しめました。

動きが複雑になるほど楽しさも増すので、ちょっとずつ習得していく面白さも。個人的にはドラマや映画で観るような「武術で戦う」気分を味わえるのも、おすすめしたいポイントです。
当日参加もあり、約140名と大人数での太極拳は圧巻の眺め。そのことも含めて貴重な体験でした!karadaniiikoto_2

 

プログラムの合間には、コメディパフォーマーのイトウシノブさんによるパフォーマンスも。
マジックやジャグリングの技に、最前列で観ていた子どもたちも釘付けの様子です。大人から子どもまで、皆さん笑顔で楽しまれていました。karadaniiikoto_3

 

11時30分からは、「ポスチュアウォーキング」が始まります。ポスチュアスタイリストの糀谷園子(こうじや そのこ)先生が舞台に登場。…なんとお美しいスタイルなのでしょうか!先生は現在、二児の母親。一人目の出産後についた体の余分なお肉をポスチュアウォーキングによって落とすことに成功、さらには身長も3㎝伸びたそうです。先生みたいになりたい!と一瞬で思った私は、またまたやる気満々です!「ポスチュア」とは、「姿勢」という意味で、その名の通り「姿勢よく歩く」というウォーキング方法。ヒップアップや足の引き締めに効果があるそうです。
まずは基本、その場に美しく立つことからレッスンスタートです。karadaiiikoto_4

 

「ポスチュア」とは、「姿勢」という意味で、その名の通り「姿勢よく歩く」というウォーキング方法。ヒップアップや足の引き締めに効果があるそうです。
まずは基本、その場に美しく立つことからレッスンスタートです。

karadaniiikoto_4

(左)踵をそろえ、女性は拳1つ分、男性は拳一つ半つま先を開く。目線は遠くを見る
(右)頭は背骨の延長線上に乗せる感覚で、お尻の穴を地面に向けるように意識する

karadaniiikoto_5

(左)胸はひらいて堂々と
(右)こちらが正しい姿勢です

 

などなど。ひとつひとつを意識して変えてみると、いつもより視線の位置が高くなりました!体のあちこちが伸びているのが分かります。その姿勢からウォーキングへ。爪先から太ももまで足全体を使うような感覚で、真っ直ぐ前へ一歩踏み出し踵から着地させます。いつもよりしっかりとした一歩一歩に気持ちよさを感じます。「姿勢を正して歩くと心の姿勢も整って、気持ちも前向きになります」という先生の言葉通り、自分のなかから自信のようなものが湧いてくる気がします。参加者の方たちも皆さん気持ち良さそうに笑顔で歩いているのが印象的でした。
心も体も健やかになるポスチュアウォーキング。歩き方を意識して、日常生活の場面で取り入れていきたいな、と思いました。確かに身長も、伸びそうですし…!karadaniiikoto_6

 

当日のプログラム内容は、イベントの共催者でもある雑誌『からだにいいこと』の編集者の方が主体となって考えられたそうです。プログラムとイベントへの思いについて、編集部の山下亮(やました あきら)さんにお伺いしました。
「プログラムはお年寄りから子どもまで、幅広く楽しんでいただけるものをバランスよく選びました。体を動かして、『気持ちいい』『楽しい』と感じてもらえることが何より大事。このイベントをきっかけに、『運動は特別なことではないんだ』と思ってもらえれば嬉しいですね。自分が好きな運動、楽しい運動を見つけて、日頃の生活に取り入れてもらえれば、と思います。」

 

また、公園でのイベント開催について、「大阪発、公園からの健康づくり」に取り組んでおられる、株式会社公園マネジメント研究所・所長の小野隆(おの りゅう)さんは、「歩きたくなる、走りたくなる場所は?と考えると、やっぱり公園の役割は大きいと思います。誰でも訪れることができる公園で、たまたま来ていた人たちも参加できるのが、今日このイベントを開催した意味のひとつ。『ひらかれた場所』という公園ならではの魅力が生かされています。」と語ります。

 

太極拳とポスチュアウォーキングを体験してみて、「自分に合った運動方法」を見つける楽しさを知りました。まずはおそとに散歩に行く回数を増やして、少しずつ運動習慣を身につけていこうかなと思います。いつもより、ちょっと良い姿勢を意識しつつ。karadaniiikoto_7

  • ページトップへ